ペイドリンク

インゴットSEOですらばれる

インゴットSEOという商材がある
これは、SEO業者が出しているペイドリンクだ

ペイドリンクとは、読んで字のごとくお金を出して購入する被リンクになる
では、何故グーグルはペイドリンクを見破るのか?

典型的な物としては、前述したインゴットSEOになる
通常のペイドリンクは、適当な記事から、リンクを与えるので、比率を考えると一目瞭然になる

つまり、毎日腹痛について書いている記事から、キャッシングに対してリンクを送れば、明らかにおかしい
しかもそれが連続するのであれば、明らかにペイドリンクだと思われても仕方ないだろう

それに対して、インゴットSEOは、自分で関連性の高い記事を書いて、それを業者のサイトに転記してもらう
その記事からリンクを送るのだから、明らかに普通と思われるだろう

しかし、良く考えてほしい
この手のサイトはPRも高く、記事数も多いのが特徴

それなのに、発リンクが全部、アフィリエイトサイトで、さらにドメインを取ったばかりのサイトだとどう思うか?
またコンテンツの充実してないサイトだと・・・

何故、リンクを送っているのか?と思わないだろうか
このように、明らかに内容の薄いサイトばかりにリンクを送っているのであれば、普通であれば自サイトへの自演か、ペイドリンクだと思われても仕方ないだろう

インゴットSEOでは、関連性や記事を希望者に書かせるまでは良かった
ただ、リンクを送った先がどの程度のサイトなのか?

審査すべきだったのでは?と思う